アーカイブ(中山道踏破プロジェクト)十九次・沓掛宿、二十次・追分宿、二十一次・小田井宿、二十二次・岩村田宿【 2005年3月28日実施】

ベンチャースカウト三人は春休みを利用して前半の難所である碓氷峠を踏破、一気に岩村田宿に向かったようです。季節外れの降雪を乗り越え、心も身も軽く、遅い春の軽井沢を満喫出来たとは思えないほど疲れていたはずと想像できます。しかし、しっかりと街道筋の歴史や見るべきものにちゃんとチェックしていて、その点抜かりはありません、さすがです。

追分宿の中山道と北国街道との分岐点、分去れ(わかされ)の近くに、四季派の堀辰雄(小説家:風立ちぬ等)の別荘がありました。私(北さん)が25歳の頃この別荘に行き、まだお元気だった堀辰雄夫人の多恵子さんからコーヒーをごちそうになり、書庫の中の本を自由に見せていただいたことがありました。青春の大切な思い出です。(今は堀辰雄文学記念館となっているようですね)

 

19次;沓掛宿

20次;追分宿

21次;小田井宿

22次;岩村田宿

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中