ここが知りたい❗️ボーイスカウトに関する素朴な疑問Q&A(その1)

(財)ボーイスカウト日本連盟の冊子からの抜粋です。🅰はBS日本連盟冊子の解説です。😊は三鷹一団専用の解説です。

入団年齢は下記となっております。

ビーバー隊:小学校就学直前1月〜小学2年3月

カブ隊:小学3年4月〜小学5年3月

ボーイ隊:小学6年4月〜中学3年3月

ベンチャー隊:高校1年〜高校3年

ローバー隊:18歳以上

—————————-

 Q ボーイスカウトって何ですか

🅰健全な青少年育成を目指した世界的な社会教育運動です。

😊どの様な世代の人に対しても物怖じせず自分の考えを堂々と話せる様な青少年を目指す活動です。また、危険に対する気付き、人に対する優しさを自然に身につけられるように活動を行っています。

Q どんな活動をするのですか

 🅰野外活動を中心に、いろいろなことを学びます。

😄春は春キャンプ、夏は夏キャンプ等野外活動が中心ですが、学校では体験できないこと、ポスト清掃、ゴミ拾い、サイクリング、救命講習、募金活動等を行います。また、5月にはスカウトまつり、12月には年末大集会が行われます。ボーイ隊にもなれば得意な一芸が身につけられます。キャンプ設営、ロープワーク、火起こし、料理などのスキルもアップします。これらの野外活動を通して、たった一人でも生き残る力と術が身につきます。(注)各スカウトのページの活動状況のブログをご確認ください。

                                                                   
 Q どんな人が指導者になっていますか

🅰専門の訓練を受けたボランティアが指導しています。

😊パワフルだけど心優しい団委員長、クールで料理の味に厳しい両副団委員長、スカウトには厳しく、あるいは時々は厳しい顔を見せるが、全員優しくてとても面白い指導者(隊長、副長、団委員)が指導します。また、綿菓子マイスター❓、アイスクリームマイスター❓、かき氷のおじさん🍧、三鷹第一団特別特任調査員007😎等々、ユニークな各方面自称マイスターが指導者を助ける三鷹第一団です。

 
Q 教育はどのような仕組みになっていますか❓

🅰子どもたちの個性と成長を、充分考えたカリキュラムです。

😊学校のクラスとは違って異年齢のグループ、班での活動となり、自然と協調性優しさが身につくようです。また、いろいろな課題を達成することで目的達成の楽しさを感じていると思います。厳しいフリをする、いや厳しいアドバイスをする某隊長😎は平気で報告書にダメ出しをしますが、これも将来の社会人として大切な経験だと言い張っていますが、最後は手を差し伸べてくれます、くれるはずです。  

Q  保護者はどの程度手伝うのですか

🅰隊によって、その日の活動によって様々です。

😃キャンプに一緒に行き、野外活動に目覚めたり、指導者よりも様々な方面の知識スキルをお持ちの保護者がいらっしゃることも多く、その場合はアドバイザーになっていただくことがあります。編集者は、焚き火マイスター残り物処理マイスターを自認しております。

その他、ご質問等がございましたらメール等でご連絡ください。誠心誠意お答えいたします。

広告